体臭をコントロールするには食事と健康診断

体臭をコントロールするには食事と健康診断

体臭とは、なんなのか?

 

「臭」の字が入るので臭い臭いを体臭のイメージとして持たれがちですが、体臭とは汗と皮脂の匂いが混ざってできるもので、汗の匂いとも脂の臭いとも異なります。両者が混ざり合って生じる匂いなんですね。そして人それぞれであり、決して悪いものではありません。

 

「フェロモン」なんて言うように、臭いで異性を引き付ける、いわば子孫繁栄の為の自然な生理現象とも言えます。

 

異性をひきつける香水⇒リビドーロゼ

 

よく言われるのが欧米人は体臭が強くて日本人は基本的に体臭はあまりしない。これは生活習慣や食習慣が影響しているようです。

 

今の日本は食も生活も欧米化しているので、一概には言えませんが、昔は日本は一汁三菜の和食で魚食中心。欧米はバターや肉など動物性たんぱく質が豊か。また、日本人は温泉好きなことからも分かるようにお風呂にきちんと入る習慣が、欧米人は入浴というよりシャワー浴なので、臭いが残りやすいということのようです。

 

それもあって、欧米の人は香りの強い香水で臭いをごまかすようになったようです。

 

先にも述べたように、汗や皮脂自体に臭いはありませんが、それに皮膚の常在菌が繁殖することで臭いを生じます。ですから、汗をかいたり、脂が浮いているのを「汗や皮脂に臭いはないから」と放置したり、何日も同じ服を着替えないのは間違いです。

 

また、身体の状態を体臭が反映しているようです。口内炎ができたり、胃腸の状態や肝臓が悪かったり、二日酔いというようなことでも体臭、口臭があります。

 

このように体臭と一言で言っても、原理や原因は様々です。

 

どうしたら体臭を調整することができるのか?

 

昔ならではの日本食を心がける。

 

洋風料理ばかりでなく、和食中心を心がける。肉や脂肪分を多く含む食品は体臭が強くなりやすいので、野菜や魚料理をしっかり取り入れましょう。

 

きちんと定期的な健康診断を受診し、体調不良は早めに治療する。

 

いつまでも体臭や口臭が気になる場合は、何か疾患がある場合があるので、早めに受診し医師に相談しましょう。

 

清潔保持する。

 

汗や皮脂は臭いは発しないというが、こまめに拭き取る、着替えるというには徹底です。

 

汗をかかなかった日に来ていた服を洗濯しなくても、何日か後に出してみると臭いがしているということもあるように、汗、皮脂は目に見えないレベルでも結構残っているものです。また、入浴時はしっかり身体や、耳、背中まで石鹸で洗うことも心がけましょう。

 

それでも臭いが気になる方はきつくなりすぎない程度に香水や制汗デオドラントを利用すると良いでしょう。

 

上手に体臭をコントロールすることが大切ですね。

 

キャベツを積極的に食べるようにしましょう。

 

食べすぎや飲みすぎで次の日に胃がもたれてしまうなんてことよくありますね。そんな時よく聞く胃腸薬にキャベジンがありますが、この薬の名前の由来となった野菜はキャベツです。

 

キャベツには「塩化メチルメチオニンスルホニウム」通称ビタミンUという水溶性ビタミンが含まれています。このビタミンUには胃酸の分泌を抑えたり、胃腸の粘膜の修復を助ける働きがあります。

 

キャベジンにはこのビタミンUが含まれており、胃痛や胸やけを予防・改善してくれるのです。身体の状態を正常に保つことで体臭も抑えることができます。

 

ですのでキャベツを食べることで同じように胃痛・胸やけを予防することができます。ビタミンUを効率よく摂取するには加熱せずになるべく生で食べる事です。ビタミンUは水溶性ですので水に溶けやすく熱で壊れやすい性質があります。

 

炒めるときはなるべく短時間でさっと炒めるようにしたり煮物の場合は、ビタミンUが溶け出した汁も飲むようにするなどして摂取量を補うとよいでしょう。

 

とんかつを食べるときにキャベツの千切りが添えられているのをよく見ます、キャベツの千切りがつけあわせの定番になったのは偶然の事だったのですが、とんかつの油っこさを抑え胃腸を守るという意味でキャベツの千切りはとても利にかなった食べ方と言えます。

 

一口にキャベツと言っても現在は様々な種類が存在します。

 

一般的なキャベツは冬キャベツと呼ばれる葉が固めできつく結球されているものです。

 

その名のとおり冬に収穫されるので葉の隙間がすくなく重量感があるのが特徴です。葉の甘味が強く煮物に向いています。一方春に収穫されるキャベツは春キャベツと呼ばれこちらは葉がやわらかくゆるく結球しています。

 

葉がやわらかいので生食に向いています。栄養成分はどちらも違いがありませんが、調理方法によって摂取できる栄養の量が若干変わってきます。

 

春の歓迎会や送別会などで胃が疲れてしまったときには春キャベツのサラダを食べるとよいでしょう。キャベツにはビタミンU以外にもカロテン、アミノ酸、カルシウム、ビタミンCが含まれており風邪予防にも効果があります。

 

体臭をコントロールするためにもキャベツを食べるようにしてみてください。