毎日1万歩歩いて、食べ過ぎを気をつける

毎日1万歩歩いて、食べ過ぎを気をつける

私は身長が165センチであるため、20代の男性の割にはかなり小柄です。

 

それだけに体重はやはり50キロ台にしなければなりません。それぐらいが適正体重だからです。しかし3ヶ月前、私の体重は65キロもありました。しかもその時は11月という、これからどんどん寒くなってしまう時期でした。汗もかきにくいため、ダイエットが難しい時期です。そんな苦境に立たされていたにも関わらず、3ヶ月でマイナス6キロのダイエットに成功した私が説明します。

 

まず万歩計を常に装着して、毎日1万歩歩くことを目標にして下さい。このような目標を設定すると、意外とゲーム感覚で楽しみながら頑張ることが可能です。そのため苦に感じてしまうことなく、健康的にカロリーの消費が可能です。因みに普通に万歩計を購入すると、何だかんだで1000円前後の痛い出費となってしまいます。けれどもスマホのアプリの万歩計ならば無料のものがたくさんあります。

 

ただスマホのアプリの万歩計は歩数のカウントの正確性に乏しいです。そこでソニーが作った無料のアプリならば正確にカウントしてくれるため、オススメです。

 

あとは食事に対しての考え方と意識を変えるようにして下さい。具体的にどういうことかというと、食べ過ぎてしまうことはデメリットばかりだということです。そのように考えれば食べたくなくなるため、ダイエットにつながるという仕組みです。まず食べ過ぎてしまうことはお金の損失です。私達は食べ物をお金を支払って購入しています。そのため栄養面で考えて無駄な食べ過ぎは、本当にお金の無駄でしかありません。

 

また食べ過ぎは疲れにもつながります。食べ過ぎると、血液がドロドロになってしまうため、疲労物質が溜まってしまいます。そして血液が胃などの消化器官に集中するため、頭まで血が行き渡らなくなり、頭がボーっとしてしまいます。最後に食べるという行為にも時間がかかるということは、時間の無駄であるとも言えます。