デリケートゾーンの悩みの中でも特に多い「黒ずみ」の原因3つ

デリケートゾーンの悩みの中でも特に多い「黒ずみ」の原因3つ

デリケートゾーンに悩みは、他の人には相談しずらいですよね。

 

 

他人と比べることもできないため「私のデリケートゾーンっておかしいの?それとも普通?」と気になってしまうことも多いのではないでしょうか。今回はデリケートゾーンの悩みの中でも特に多い「黒ずみ」の原因について詳しくご紹介します。

 

デリケートの黒ずみは、基本的に摩擦によるものです。デリケートゾーンの皮膚は、非常に薄くてデリケート。実はまぶたよりも薄い部位なのです。そのため自分では擦ってないつもりでも下着などの摩擦などによって黒ずんでしまうことがあります。特にサイズの小さめな下着などを履いていると、デリケートゾーンが圧迫されて黒ずみの原因となるメラニンが活性化してしまいます。黒ずみを避けるためには、なるべくデリケートゾーンに刺激を与えない下着を選ぶようにしましょう。

 

デリケートゾーンが黒ずむもう二つ目の原因は、妊娠・出産です。妊娠や出産をしてから急にデリケートゾーンの黒ずみが気になり始めたという人は多いようです。特に出産間近の妊娠時は体が出産に備えて肌を守ろうとすることでメラニンが活性化して、デリケートゾーンやその他の部位(乳首や脇など)の黒ずみが目立ちやすくなります。出産が終わると体は元の状態に戻っていくため、黒ずみも薄くなっていきますが、デリケートゾーンのような皮膚の弱い箇所は、黒ずみが残ってしまうこともあるようです。

 

3つ目の原因は年齢によるものです。私たちの皮膚はターンオーバーという働きによって日々生まれかわっています。ターンオーバーがあるため、傷やニキビができて元のキレイな状態に戻すことができるのです。しかしターンオーバーは年齢とともに衰えていき、皮膚も完全に戻らず黒ずみが残りやすくなります。ターンオーバーを正常に保つには、ビタミンやタンパク質を意識した健康的な食事、しっかりとした睡眠、ストレスを溜めすぎない生活を心がけるようにしましょう。